A-212 維摩経の世界

募集終了

講座案内

講座番号 A-212
キャンパス 池袋サテライト・キャンパス
期間 2016/10/11 ~ 2017/02/07
回数 (全6回)
曜日
時間 15:15 ~ 16:45
定員 50 名
受講料 12,000円

講座詳細

前回(平成28年4月〜9月)は、『維摩経』の思想的ポイントを押さえつつ、経典の全体を俯瞰した。今回は章を追って、経典の文言を味わっていきたい。『維摩経』といえば、「不来の相にて来る」といった漢訳文の影響か、観念的・哲学的との印象が強いが、実際には「不二の法門(般若の智慧)において菩薩道(慈悲)を行じる」実践が強調されている。欧米の研究者の論述なども参照しながら、この古くて新しい経典を味読していきたい。

スケジュール

  日付 内容 各回の詳細
第1回 2016/10/11 仏国品:如何にして穢土に浄土を建設するか
第2回 2016/11/08 方便品:あえて穢土にとどまる維摩のあり方
第3回 2016/12/06 弟子品・菩薩品:仏弟子を相手に論陣を張る維摩
第4回 2016/12/20 3/14分補講 観衆生品:救い得ない衆生を救出する道
第5回 2017/01/17 問疾品:対話者としての手腕が光る文殊の病気見舞い
第6回 2017/02/07 不思議品:「不可思議という解脱」の不思議

講師

西野 翠(大正大学総合仏教研究所研究員) 函館市生まれ。北海道教育大学(英語科)卒業。千葉大学教育学部言語障害児教育教員養成課程修了。教員、編集者を経て、大正大学人間学部仏教学科編入。同大学院博士後期課程単位取得退学。現在、大正大学綜合佛教研究所研究員。
[著書] 「『維摩経』における舎利弗の役割」(『梵文学研究論集:松濤誠達先生古稀記念』収載、大祥書籍2007年)、『梵文和訳 維摩経』(共訳、春秋社2011年)、「維摩経の仏国土」(共著、『シリーズ大乗仏教5 仏と浄土』収載、春秋社2013年)、『ラモットの維摩経入門』(翻訳、春秋社2015年)、「『維摩経』における「救済」のかたち」(『大乗仏教と浄土教』収載、ノンブル社2015年)。


募集終了

資料請求

  • 申込リストを見る
  • ログインページへ

連絡先

  • 淑徳大学エクステンションセンター
    (池袋サテライト・キャンパス)
  • TEL 03-5979-7061
  • FAX 03-3988-7470
  • 〒171-0022
    東京都豊島区南池袋1-26-9
    第2MYTビル7F
淑徳大学エクステンションセンター

淑徳大学エクステンションセンターブログ