A-206 サンスクリット原典(翻訳)で読む「法華経」(2)

満員御礼

講座案内

講座番号 A-206
キャンパス 池袋サテライト・キャンパス
期間 2016/10/24 ~ 2017/03/27
回数 (全10回)
曜日
時間 10/2415:15~
定員 4 名
受講料 20,000円

講座詳細

巧みなる譬喩による人間尊重の文学『法華経』は、これまで鳩摩羅什の名訳を通して読まれてきた。サンスクリット原典で読むことにより、鳩摩羅什の名訳ぶりが確認できるとともに、漢訳で盛り込み切れなかった詳細部も見えてきて、さらに深く法華経の思想と文学が味わえる。この講座では、春期・夏期講座に引き続き、『サンスクリット原典現代語訳 法華経』上下巻(岩波書店)の本文に沿って読み進めていく。(参考文献:『ほんとうの法華経』ちくま新書)

(進行情況によっては変更もありえます)

スケジュール

  日付 内容 各回の詳細
第1回 2016/10/24 春・夏期の続きから(第13もしくは14章)
第2回 2016/10/31 第15章
第3回 2016/11/14 第16章
第4回 2016/11/28 第17、18章
第5回 2016/12/12 第19章
第6回 2017/01/16 第20、21章
第7回 2017/01/30 第22章
第8回 2017/02/27 第23章
第9回 2017/03/13 第24、25章
第10回 2017/03/27 第26、27章

講師

植木 雅俊(仏教思想研究家・日本ペンクラブ会員) 仏教思想研究家。理学修士(九州大学)、文学修士(東洋大学)、人文科学博士(お茶の水女子大学)。東方学院で中村元氏のもとでインド思想・仏教思想論、サンスクリット語を学ぶ。東京工業大学世界文明センター元非常勤講師、NHK文化センター講師。日本ペンクラブ会員、日本印度学仏教学会会員、比較思想学会会員。著書に『梵漢和対照・現代語訳 法華経』上・下巻(岩波書店、毎日出版文化賞受賞)、『梵漢和対照・現代語訳 維摩経』(岩波書店、パピルス賞受賞)、『思想としての法華経』(岩波書店)、『仏教学者 中村元』(角川選書)。


満員御礼

資料請求

  • 申込リストを見る
  • ログインページへ

連絡先

  • 淑徳大学エクステンションセンター
    (池袋サテライト・キャンパス)
  • TEL 03-5979-7061
  • FAX 03-3988-7470
  • 〒171-0022
    東京都豊島区南池袋1-26-9
    第2MYTビル7F
淑徳大学エクステンションセンター

淑徳大学エクステンションセンターブログ