A-248 古美術と古典文学

募集終了

講座案内

講座番号 A-248
キャンパス 池袋サテライト・キャンパス
期間 2016/10/11 ~ 2017/03/07
回数 (全5回)
曜日
時間 15:15 ~ 16:45
定員 50 名
受講料 10,000円

講座詳細

近代を迎えるまで、美術と文学は渾然ととけあっていました。お互いに支え合い、お互いを高めて存在していました。その様子を具体的な作品を鑑賞しながら明らかにしたいと思います。

スケジュール

  日付 内容 各回の詳細
第1回 2016/10/11 源氏物語と源氏絵について①
第2回 2016/11/29 源氏物語と源氏絵について②
第3回 2016/12/13 陸奥話記と前九年合戦絵巻①
第4回 2017/01/31 陸奥話記と前九年合戦絵巻①
第5回 2017/03/07 2/14補講分 平治物語と平治物語絵巻

講師

青柳 恵介 青柳 恵介(古美術評論家・成城大学講師) 古美術評論家。成城大学、東京海洋大学非常勤講師。専門は中世国文学であるが、若い頃から骨董を好み、古美術評論家として美術雑誌にエッセイを寄稿する。古美術愛好が縁で白洲正子氏と親交を結び、日本の古典文学、古美術等様々な面で啓発を受ける。白洲正子の足跡を目下たどる旅を続けている。
【著書】 『柳孝 骨董一代』(新潮社)、『風の男 白洲次郎』(新潮社)、『骨董屋という仕事』(平凡社)などがある。


募集終了

資料請求

  • 申込リストを見る
  • ログインページへ

連絡先

  • 淑徳大学エクステンションセンター
    (池袋サテライト・キャンパス)
  • TEL 03-5979-7061
  • FAX 03-3988-7470
  • 〒171-0022
    東京都豊島区南池袋1-26-9
    第2MYTビル7F
淑徳大学エクステンションセンター

淑徳大学エクステンションセンターブログ