A-245 江戸・東京と隅田川物語

募集終了

講座案内

講座番号 A-245
キャンパス 池袋サテライト・キャンパス
期間 2016/10/24 ~ 2017/01/23
回数 (全5回)
曜日
時間 11:15 ~ 12:45
定員 30 名
受講料 10,000円

講座詳細

徳川幕府は半世紀かけて利根川などの河川を現在の利根川に瀬替えし、隅田川は江戸の経済の流通河川になった。その隅田川の歴史を江戸の古文書、町触れなどの資料をたどり、江戸の文献、とくに小説類に描かれている隅田川にまつわる文化を江戸の小説(黄表紙や洒落本、滑稽本)、絵本類(春本、春画に至るまで)、そして近代小説の資料までを解読しながら概観し、読んで楽しむ。

スケジュール

  日付 内容 各回の詳細
第1回 2016/10/24 隅田川が江戸の物流起点になるまで。
第2回 2016/11/14 江戸の経済を支えた隅田川を考える。
第3回 2016/11/28 江戸絵図から隅田川と江戸の街を概観する。
第4回 2016/12/12 両国橋と隅田川物語。
第5回 2017/01/23 近代小説に描かれる隅田川。

講師

棚橋 正博(早稲田大学大学院講師・文学博士) 早稲田大学非常勤講師。早稲田大学大学院修了。日本近世文学専攻。文学博士。本や雑誌・テレビ・講演会などを通じて、知られざる江戸の風俗文化を、多く江戸ファンに伝えることを使命としている。著者は『式亭三馬』『十返舎一九』『江戸の道楽』『江戸戯作草紙』『教科書が載せられない名文』ほか多数。


募集終了

資料請求

  • 申込リストを見る
  • ログインページへ

連絡先

  • 淑徳大学エクステンションセンター
    (池袋サテライト・キャンパス)
  • TEL 03-5979-7061
  • FAX 03-3988-7470
  • 〒171-0022
    東京都豊島区南池袋1-26-9
    第2MYTビル7F
淑徳大学エクステンションセンター

淑徳大学エクステンションセンターブログ