A-237 坂本龍馬の実像-龍馬のめざしたもの-

募集終了

講座案内

講座番号 A-237
キャンパス 池袋サテライト・キャンパス
期間 2016/10/22 ~ 2017/02/04
回数 (全5回)
曜日
時間 15:15 ~ 16:45
定員 50 名
受講料 10,000円

講座詳細

人気の高い坂本龍馬の人物像は小説によって作られた虚像の影響を受けていると思われる。それは龍馬研究の進んでいない空白を埋める作家の虚構から始まっている。NHK大河ドラマ「龍馬伝」もかなりデフォルメされたスト―リ―だった。この講座では5回に分けて坂本龍馬の実像を探ってみたいと思う。

スケジュール

  日付 内容 各回の詳細
第1回 2016/10/22 海軍・船・大砲 アメリカ海軍と遭遇して考えたこと
第2回 2016/11/05 海援隊ビジネス 実際の数字から内容を見てみよう
第3回 2016/12/03 薩長同盟計画 薩摩と長州をどう納得させたのか
第4回 2017/01/07 大政奉還への道筋 いつごろから企画したのか
第5回 2017/02/04 新政府財政構想 財政問題をどう解決したのか

講師

小美濃 清明(幕末史研究家) 幕末史研究会会長。
『坂本龍馬全集』を編述した宮地佐一郎に師事して龍馬研究に進む。
幕末史研究会を主宰して23年になる。
【著書】 『坂本龍馬と刀剣』『坂本龍馬・青春時代』『坂本龍馬と竹島開拓』(以上、新人物往来社)、『龍馬八十八話』『宮地團四郎日記』(以上、右文書院)、『龍馬の遺言』(藤原書店)、共著:『龍馬の世界認識』(藤原書店)など。


募集終了

資料請求

  • 申込リストを見る
  • ログインページへ

連絡先

  • 淑徳大学エクステンションセンター
    (池袋サテライト・キャンパス)
  • TEL 03-5979-7061
  • FAX 03-3988-7470
  • 〒171-0022
    東京都豊島区南池袋1-26-9
    第2MYTビル7F
淑徳大学エクステンションセンター

淑徳大学エクステンションセンターブログ