A-234 隠された幕末史

募集終了

講座案内

講座番号 A-234
キャンパス 池袋サテライト・キャンパス
期間 2016/10/01 ~ 2017/01/14
回数 (全6回)
曜日
時間 13:15 ~ 14:45
定員 30 名
受講料 12,000円

講座詳細

江戸時代は260年間、戦争しない国家だった。明治に入ると10年に1度は、海外と戦争をする軍事国家となった。だれがこんな国家にしたのか。明治政府は歴史教科書で、うそと歪曲した幕末史を教えた。それが未だつづくから、高校で日本史が必修科目にならない。
学校教育で事実・史実を教えないならば、作家は小説で教えていく。それが歴史作家の役目だ。
幕末歴史小説『二十歳の炎』の著者が、明治政府が隠ぺいした歴史を掘り起こします。

スケジュール

  日付 内容 各回の詳細
第1回 2016/10/01 「芸州広島藩を知らずして、幕末史を語るなかれ」明治政府はなぜ藝藩志を封印したのか
第2回 2016/11/05 「薩芸」主導で、德川倒幕が推し進められた。「薩長」とは明治政府の以降である。幕末長州は「禁門の変」の朝敵で、京都に入れず、倒幕に役立たず
第3回 2016/11/26 広島・御手洗港は、京都と長崎とならぶ、維新志士たちの重要拠点だった
第4回 2016/12/10 軍事思想家の吉田松陰の書籍を知らずして、神化するのは危険な軍事の道へとつづく
第5回 2016/12/24 「日米修好通商条約」が不平等という、明治政府のわい曲は国民のためにならない
第6回 2017/01/14 広島藩からみれば、龍馬が中岡慎太郎を暗殺しようとして、相討ちになった

講師

穂高 健一(日本ペンクラブ会員) 日本ペンクラブ広報委員、日本文藝家協会、日本山岳会、日本写真協会、歴史時代作家クラブなど会員。
日本山岳会、全国「山の日」協議会、日本写真協会、日本ペンクラブ、日本文藝家協会など会員


募集終了

資料請求

  • 申込リストを見る
  • ログインページへ

連絡先

  • 淑徳大学エクステンションセンター
    (池袋サテライト・キャンパス)
  • TEL 03-5979-7061
  • FAX 03-3988-7470
  • 〒171-0022
    東京都豊島区南池袋1-26-9
    第2MYTビル7F
淑徳大学エクステンションセンター

淑徳大学エクステンションセンターブログ