C-212-2 和紙折り紙

満員御礼

講座案内

講座番号 C-212-2
キャンパス 池袋サテライト・キャンパス
期間 2017/01/06 ~ 2017/03/17
回数 (全6回)
曜日
時間 10:45 ~ 12:45
定員 5 名
受講料 18,000円

講座詳細

日本の民族文化、折り紙は世界に認められています。現在では、国内外でその芸術的価値がみとめられ、文化、教育、福祉等で活用され、老化防止、リハビリ、頭の体操(脳の活性化)として幅広く活用されています。
講座では、季節に合わせた作品を中心に、和紙、特殊紙などを使い見ごたえのある作品を折り、飾れる作品から実用作品を中心に作ります。 講座では、「折り紙を手から手に」をモットーにして、わかりやすく指導いたします。また、折り紙作品は、著作権がありますので、教室では、私の作品のほか、許可を受けた作品も指導いたします。
初心者、経験者が同じ作品を折るときもありますが、原則としては、作品が異なります。初心者は、基本(伝承作品)を覚えながら、季節、行事の作品を折ります。経験者の方々は、希望の作品を折ることができます。講師・指導者資格取得(別途規定)できます。

スケジュール

  日付 内容 各回の詳細
第1回 2017/01/06 着物 色紙
第2回 2017/01/20 梅の花 色紙
第3回 2017/02/03 ハートかわいいお雛様 立体と色紙
第4回 2017/02/17 お雛様 立体
第5回 2017/03/03 桜の花 立体
第6回 2017/03/17 くす玉 立体

注意事項

テキスト等:テキスト1,000円・教材費1回1,000円(教室にて徴収)
随時入会、見学・1日体験(要予約)ができます。
上記作品は、講師及び受講生の都合により変更する場合があります。
持参品:はさみ・ボンド・竹串・筆記用具など

講師

井上 文雄 井上 文雄(東京おりがみ会会長・折り紙研究家) 1970年から「おりがみを手から手へ」をモットーに、折り紙の普及につとめ、新作の研究をしている。講習会、作品展等、折り紙を通して幼児教育から生涯教育まで、幅広い活動にあたり、1975年からアメリカ、ヨーロッパ等で、折り紙の展示と指導、普及活動を通して、国内外の折り紙作家、愛好家とも交流を深めている。その他、テレビ、新聞等で普及に努める。著書『おりがみだいすき』『おりがみ夢Ⅰ~Ⅷ』『四季の花の折り紙』等多数。


満員御礼

資料請求

  • 申込リストを見る
  • ログインページへ

連絡先

  • 淑徳大学エクステンションセンター
    (池袋サテライト・キャンパス)
  • TEL 03-5979-7061
  • FAX 03-3988-7470
  • 〒171-0022
    東京都豊島区南池袋1-26-9
    第2MYTビル7F
淑徳大学エクステンションセンター

淑徳大学エクステンションセンターブログ